六星占術|電話占いならWish


ブックマークする

2000円ポイントサービス

ID(ご登録の電話番号)

会員番号
パスワード

 次回から自動でログインする

初めての方はコチラ

お客様の声

携帯・スマホでもウィッシュ

  • ウィッシュ里華先生のイーチンの月占い


    12月のあなたの運勢

    1月生まれ
    臨時収入あり。貯蓄をしましょう。投信吉。
    2月生まれ
    次の年に向かってプランを立てて行動すべき。
    3月生まれ
    気をつけないとバイトや仕事を辞めることに。
    4月生まれ
    身辺整理をキチンとしないと訴訟になるかも。
    5月生まれ
    ゆっくりと年の瀬を迎える事ができるでしょう。
    6月生まれ
    借金、ギャンブル、アルコールは泥沼化します。
    7月生まれ
    安定した運気。いつもの新年を迎えます。
    8月生まれ
    やる気と努力。飛躍のチャンスがあります。
    9月生まれ
    あなたは正当な評価をえて認知されるでしょう。
    10月生まれ
    人に従って進めば良い結果を得ます。吉。
    11月生まれ
    人の謙虚な言葉を鵜呑みにして恥をかきます。
    12月生まれ
    先が見えないときは立ち止まって考えると吉。

  • ☆電話占い未来に掲載されました☆

    【電話占いウィッシュに独占インタビュー取材!!】

    https://denwa-uranai-zero.net/interview/wish

    是非チェックしてみてください!

占い師募集

  1. 電話占いトップ>
  2. 占術詳細>
  3. 六星占術

六星占術


六星占術(ろくせいせんじゅつ)は、宗教家で占い師の細木数子が中国古来の易学や算命学、万象学などをもとに、提唱した(とされる)占いである。

六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星などの星に例え6つの運命星に分けて占い、それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。

またある特別な条件が揃ったときに限り、霊合星人(れいごうせいじん)となります。霊合星人はそれ単体で独立してるわけではなく、たとえば「土星人の霊合星人」というようにほかの6つの運命星と複合します。

それぞれの人の運命星は、生年月日によって算出された運命数、星数によって決定される。運命星によりその人の占命盤が描かれ、これをもとに占いが行われる。


【運命星】

運命星は、星数と名付けた生年月日の日の干支を数値(1〜60)で表したものを、6つの星に割り当てている。なお、星数を簡易的に出すために各年月の数値をまとめた表を運命数表といい、数値を運命数という。産まれた日の干支と運命星は下記の対応となっている。

・土星人(1-10:戌亥が空亡)
   生まれた日の干支が、甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己巳・庚午・辛未・壬申・癸酉の人。    おおむね日支に四柱推命でいう印綬、偏印が並ぶ。

・金星人(11-20:申酉が空亡)
   生まれた日の干支が、甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・癸未の人。    おおむね日支に官殺(正官、偏官)が並ぶ。

・火星人(21-30:午未が空亡)
   生まれた日の干支が、甲申・乙酉・丙戌・丁亥・戊子・己丑・庚寅・辛卯・壬辰・癸巳の人。    おおむね日支に官殺(正官、偏官)が並ぶが日干は日支に通根しない。

・天王星人(31-40:辰巳が空亡)
   生まれた日の干支が、甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯の人。    おおむね日支に財星(正財、偏財)が並ぶ。

・木星人(41-50:寅卯が空亡)
   生まれた日の干支が、甲辰・乙巳・丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑の人。    おおむね日支に食傷(食神、傷官)が並ぶ。

・水星人(51-60:子丑が空亡)
   生まれた日の干支が、甲寅・乙卯・丙辰・丁巳・戊午・己未・庚申・辛酉・壬戌・癸亥の人。    おおむね日支に比劫(比肩、劫財)が並ぶ。

なお土星人、金星人などという呼称は空亡になる地支(十二支)本気の五行によっているが、天王星人のみは独自の考案です。

・土星人:戌(土)

・金星人:申(金)

・火星人:午(火)

・天王星人:辰(土)

・木星人:寅(木)

・水星人:子(水)

また、各運命星にはプラス(+)とマイナス(−)があり、生年が子・寅・辰・午・申・戌のときにプラスとなり、丑・卯・巳・未・酉・亥のときにマイナスです。運命星と合わせて土星人(+)、金星人(−)のように表記する。これも十二支の陰陽によっている。
本来空亡は生年に限らず、生月、生時も該当する。生年を特に重視しているが、大運、流年が生年の干支と最初の相互作用をもたらすので生年で「陰陽」「霊合星人」なる区分をしている。その流歳が本人に何をもたらすか考える上で生年は第一の関門である。もちろん生月、生時が空亡にあたる場合でもある程度「霊合星人」の特質を備えているとして考える。


【霊合星人】

霊合星人は、生年が停止(占命盤の項を参照)に当たる人のことで、実際には

土星人=天王星人・金星人=木星人・火星人=水星人

が合わさることになる。

以下の人が霊合星人となる。対極の星人が重なるという。

・土星人(+):生年が戌年   ・土星人(−):生年が亥年
・金星人(+):生年が申年   ・金星人(−):生年が酉年
・火星人(+):生年が午年   ・火星人(−):生年が未年
・天王星人(+):生年が辰年  ・天王星人(−):生年が巳年
・木星人(+):生年が寅年   ・木星人(−):生年が卯年
・水星人(+):生年が子年   ・水星人(−):生年が丑年


【宿命星】

10年ごとに変わる宿命の事。

・静雲星 ……特徴は、空想とロマンに長けています。反発、孤独、感受性

・光美星 ……特徴は、人に何かを伝えたくなる。おおらかさ

・妙雅星 ……特徴は、自分の立場を守ろうとする。協調、和合、政治力、説得力

・白照星 ……特徴は、自我、頑固、独立心。マイペース、強い意思、努力。

・香創星 ……特徴は、先人の知恵を受け継ぎ、子孫に残そうとします。知性、伝統、古典、慈愛

・火竹星 ……特徴は、知識欲と未知の物に対する好奇心が強くなる。忍耐、放浪、改革、想像と破壊、知恵

・大木星 ……特徴は、攻撃的になりますが、集団や組織で行います。責任感、名誉・名声

・風行星 ……特徴は、世の中の動乱期に力を発揮。短期、直情、闘い、行動力

・大善星 ……特徴は、大器晩成型。家庭、堅実、蓄財、温厚

・緑水星 ……特徴は、財運、愛情運に恵まれる。善良、奉仕、義理人情、回転財


【占命盤】

種子(しゅし)……物事を開始する年。概して用神五行が生旺墓絶(天干十二運)で胎か長生を得るかのいずれかである。⇔再会

緑生(りょくせい)……すべての影響が2倍になり、物事が成長する時期。ただし駄目になることもある。⇔財成

立花(りっか)……基本的な方向が決まるかなり重要な時期。⇔安定

健弱(けんじゃく):小殺界……健康面での運勢が悪くなる時期。⇔陰影(大殺界)

達成(たっせい)……物事の目的が達成される時期。空亡の地支の冲に該当する。当然用神が生旺する。⇔停止(大殺界)

乱気(らんき):中殺界……精神的な面にダメージを受けやすい年。⇔減退(大殺界)

再会(さいかい)……第2の出発点となる時期。失敗したことを挽回するのにも適している。⇔種子

財成(ざいせい)……富が入ってくる時期。おおよそ財星が生旺するか、財多身弱の場合は比肩劫財で身財両停を得る、または食神傷官が財星に能く連絡をするかのいずれかである。推命家は常に財星のあり方に注意すべきである。⇔緑生

安定(あんてい)……現状維持の時期(新しいことを始めると翌年の大殺界で苦しむことになる)用神五行が帝旺を迎えている場合が多い。⇔立花

陰影(いんえい):大殺界の始まり……季節でいうと冬の初期。大殺界が始まるので新しい事業などを始めてはいけない。用神が衰地にある場合が多い。⇔健弱(小殺界)

停止(ていし):大殺界の中央……季節でいうと冬の中頃。この年も昨年と同じく新しいことを始めてはいけない。この時期は必ず本人の生日を中心として空亡の二地支のいずれかに該当する。おおむね用神五行が衝撃を受けるか、剋されるかのいずれかである。用神は本人の生き方を象徴しており、それが害を受けることは確かに生き方の否定「停止」といえる。⇔達成

減退(げんたい):大殺界の終わり……季節でいうと冬の後期。この年も大殺界なので新しいことを創めることは危険。⇔乱気(中殺界)


細木は「独自に編み出した」と主張しているが、その内容は四柱推命や算命学・0学占い(御射山宇彦考案)・天中殺(武田考玄考案)に醜似し、細木数子に占術を指導した占術家神煕玲の真理占星学にその発想及び名称などの点において特に酷似している。



電話占い・霊感占いや電話鑑定をお探しなら、電話占いのwishにお任せください。厳選された実力のある、一流占い師が多数在籍しております。最大の特徴は、復縁や不倫などの恋愛占いのスペシャリストを多く集めた恋愛に特化した電話占いということです。料金システムは1分200円〜400円の使った分だけの良心的な料金システムです。365日24時間営業ですので、お仕事で忙しい方も安心便利です。

六星占術TOPへ戻る